不動産売却・用地募集

高価買取キャンペーン実施中!

売却物件募集

あなたの不動産、売りませんか?
売却をお考えの方へ

活用していない土地や建物、ありませんか?そんな不動産も毎年、固定資産税が課税されます。

せっかくの素晴らしい物件を持っていても、運用しないままでは出費がかさむのみです。 売却をご検討でしたら、サンライフホームサービスがお手伝いをいたします。 お客さまの不動産を「広告」や「インターネット」上で公開することで、より多くの人に見てもらい、 必要としている方に巡り会う、そんなお手伝いをサンライフホームサービスはさせて頂いております。

また、現に居住中で「画像を載せたくない」場合でも、当社購入希望のお客様の、希望条件との照合を図ります。 画像の掲載無し(物件概要のみ)で、ホームページ、折込チラシ等にも掲載可能です。

無料査定

あなたの不動産を無料で査定します。もちろん秘密厳守です

不動産の価格は、その不動産の、状況、面積、立地・環境などによって大きく異なります。
また、売主の事情(早く現金化したいなど...)によっても異なります。
また、電話のみで「いくらですか?」と聞かれても、お答えできません。
物件を御見せ下さい。そして、周辺の売り出し事例や過去の成約事例、公示地価等の当社データをもとに査定させていただきます。

勿論、「秘密厳守」です。

メールでのご相談はこちら

買取にも対応!

不動産買取 7つのメリット
即時に買取価格を提示し、即時に売買が成立します

サンライフホームサービスでは、従来の仲介による買主探しという売却方法に加えて買取も行っています。弊社が直接買取りますので安心・確実・スピィーディーな不動産取引が可能です。

仲介による売却方法は、仲介業者との媒介契約締結、室内見学の立会い及び待機、3ヶ月毎の媒介再契約、営業報告を受ける必要があったり、その他様々なやり取りなど、想像以上に手間がかかります。

買主探しのための宣伝広告が一切不要です

仲介の場合の販売方法は、宣伝広告等により、売りに出していると、販売価格等が公開されてしまいます。 居住中であっても、お住まいされている状態を他人に内覧して頂かなければなりません。 サンライフホームサービスの直接買取りでは、宣伝広告等を行わないので売却を他人に知られることはありません。

お客様のスケジュールに合わせて不動産を売却することが可能です

サンライフホームサービスでは、あらかじめお客様のスケジュールをお伺いし、 それにあわせた買取プランを提供させて頂きます。仲介の場合は、いつ売れるかわからないので、 売却のタイミングが分かりません。

また、住み替えを考えていても、買主の意向を考慮する必要があるので、 お客様ご希望のスケジュールを組むことは簡単なことではありません。 その結果、一時的に賃貸費用が必要となったり、売却時に想像以上の値下げを強いられたり、 買主が見つからず新規に購入したい物件をあきらめたり、といったことも少なくはありません。

弊社なら、売却物件の買取代金の支払いや引渡し時期も、 お客様の新規購入物件などへのお引越し(住み替え)のタイミングにあわせて行うことが可能です。

お急ぎの場合も、即時に現金化が可能です(最短で7日~30日)

お急ぎの場合にも、即時に現金化が可能です。仲介の場合は、 査定から残金決済まで1ヶ月~3ヶ月位の期間が必要となります。

サンライフホームサービスの直接買取りでは、最短で7日~30日(土・日・祝祭日を除く) でお取引が完了しますので、買い替えや、急なお入用のケースでも安心です。 但し、物件や地域によって現金化の最短期間が異なります。

仲介手数料が不要です

サンライフホームサービスの直接買取りでは、従来の仲介手数料「売買価格の3%+6万円」×消費税が不要になります。不必要な経費を省けることも、直接買取の大きな魅力のひとつです。

但し、担保権の抹消や登記上の住所が現在の住所と異なる場合等は、別途費用が発生します。

相続物件の処分も敏速に対応します

「相続登記が未了だが売却したい」

このようなケースでも、サンライフホームサービスをご利用ください。 サンライフホームサービスでは、個人では手続きが難しい相続登記の手続きも、 司法書士と連携して買取りさせていただきます。相続登記にかかる費用も、 売却代金からお支払いできるように配慮させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

買主が個人ではないので、売却後のアフターフォローや、保証・瑕疵担保責任が免責となります

サンライフホームサービスが不動産を現状で買取るため、売却後の面倒なアフターフォローや、 保証・瑕疵担保責任が免責され、 建物に故障等がある場合でも、お客様にて改装や解体を行う必要はございません。

メールでのご相談はこちら

売却の流れ

あなたの不動産を無料で査定します。もちろん秘密厳守です

媒介契約について

媒介契約とは

売主と不動産会社との間で、売却を依頼する契約です。この契約は3種あります。

専属専任媒介契約

特定の不動産業者1社だけに仲介を依頼する契約形態です。複数の業者に重ねて依頼をすることや、 自ら購入希望者を探したり、売買契約を結ぶことはできません。 他の業者や自ら見つけた購入希望者と売買契約を結ぶ場合には、依頼した業者に対して仲介手数料相当の違約金を支払うことになります。

依頼を受けた不動産業者は、媒介契約後5営業日以内に指定流通機構に物件を登録し、 1週間に1度以上、売却活動の進捗状況を依頼者に文書で報告することが義務づけられます。

専任媒介契約

仲介を依頼できるのは1社のみですが、自分で購入希望者を探すこともできる契約形態です。 この場合、売り主は自ら見つけた相手(知人・親族あるいはその紹介を受けた人など)とならば、 依頼した業者を介さずに売買契約を結ぶことができます。

依頼した業者に対して、他の業者と売買契約を結ぶ場合には違約金を、 自ら発見した相手と売買契約を結ぶ場合には媒介契約の履行に要した費用を支払うことになります。 依頼を受けた不動産業者は、媒介契約後7営業日以内に指定流通機構に物件を登録し、 2週間に1度以上、売却活動の進捗状況を依頼者に文書で報告することが義務づけられます。

一般媒介契約

複数の不動産業者に重ねて仲介を依頼することができる契約形態です。 依頼者が他のどの業者と媒介契約を結んでいるのかを明らかにする「明示型」と、 明らかにしない「非明示型」があります。売買契約が成立した場合には、 依頼した業者にその旨をすみやかに通知する必要があります。

依頼を受けた不動産業者は、売却活動の進捗状況等を依頼者に報告をする義務を負いません。

特選物件情報
  • 契約の流れ
  • 諸費用について
  • 会社案内
  • ギャラリー
  • スタッフ紹介
  • 不動産売却・用地募集

このページのトップへ