「アクセントクロスの選び方」 | カエルの家|大阪府高槻市で新築一戸建てをお探しなら カエルの家・株式会社サンライフホームサービス
Loading

暮らしのお役立ち情報

Useful information for living

「アクセントクロスの選び方」

「アクセントクロス」を取り入れてみたいけど、たくさんのクロスの中からどれを選んだらいいか悩む方も多いのでは。そこで、今回のコラムでは、失敗しない「アクセントクロス」の選び方をご紹介します。家づくりのご参考にしてください。

【目次】

1 アクセントクロスとは

2 アクセントクロスの選び方

1 アクセントクロスとは

「アクセントクロス」とはどんなものか、ご存知ですか?

部屋の一部の壁をメリハリのきいた色や柄の壁紙(=クロス)にすることで、空間にアクセントをつけたものです。このアクセントとなる面があるだけで、お部屋の印象を大きく変える効果があります。クロスではなく、木材・タイル・塗り壁などでアクセントをつけた壁をまとめて「アクセントウォール」と呼ぶこともあります。

一般的な日本の住宅は、ホワイト系のクロスで統一していることが多く単調になりがちですが、一部にアクセントを加えることで、よりおしゃれな空間にしてくれます。

2 アクセントクロスの選び方

・お部屋の好きなイメージを決める

まず、アクセントクロスを選ぶ前に、お部屋のイメージをしっかり持ちましょう。モダン・シック・クラシック・ラグジュアリー・ナチュラル・キュート・和風など、インテリアスタイルの中でどのような空間にしたいのか、いろいろな写真や実例を参考にしながら、具体的にイメージすることが大切です。

・アクセントとなる面を選ぶ

次に、アクセントとする面を決めていきます。できるだけ窓がある面は避けましょう。アクセントクロスが占める割合が少なくなるうえ、カーテンの色柄とバランスを合わせなければなりません。また、背の高い家具を置く予定の壁面も避けた方が良いでしょう。「アクセントクロス」は、部屋に入った時にパッと目に入るところに貼ることで、インテリアの効果が高まります。クローゼットの中もお勧めです。

・色柄の選び方のポイント

はじめに決めた「好きなイメージ」に合う色や柄のクロスを選んでいきます。見本帳で気に入った壁紙を見つけたら、実際にサンプルを取り寄せて確認しましょう。ただ、サンプルと実際に施工された空間では、イメージしていたのと違うように感じることがあります。なぜなら、色は大きい面積になるほど薄くぼやけて感じてしまうため。サンプルはなるべく大きなもので確認し、自分が思っているより、濃くて鮮やかな色や柄を選ぶとメリハリあるオシャレな空間になるでしょう。

サンライフホームサービスが販売するカエルの家では、アクセントクロスでコーディネートした新築物件事例も豊富にあります。新築のお住まいをお探しのお客さまはお気軽にご相談くださいませ。

高槻をはじめとした北摂(茨木・島本町など)で家づくりをご検討の方はお問合せください。

トップへ